マイナンバーの影響とキャリアアップ

病院や介護施設などの看護師が働く職場の大半では副業が禁止されていますが、実際には単発のアルバイトをして稼いでいる看護師は少なくありません。看護師がどの業界でも不足していることを受けて、就業規則上は禁止していても黙認しているケースが多いのが事実であり、それがひいては世の中のためになるからこその配慮となっています。

しかし、マイナンバー制度が確立されたことによって副業が病院や介護施設に明らかになってしまうことを懸念して副業を慎む看護師も増えてきているのが現状です。その影響を受けて、より収入を増やしたいと考える看護師は考え方を変えなければならなくなっています。

今働けば収入を増やせるという考え方から、生涯賃金を増やすためにキャリアアップを目指していくという考え方への切り替えを進める必要が生じているのです。副業のリスクが高まった以上は本業で稼ぐしかないということになり、看護師としてより給料が高くなるように昇進をしたりより多くの手当がもらえるようにしたりすることが欠かせない状況になっています。そのためのキャリアアップが注目されるようになり、その支援を受けやすい大病院の人気に拍車がかかっているのが現状です。キャリア支援を受けて認定看護師や専門看護師となると大病院で役職がもらえることも多くなり、生涯賃金が大きく向上すると期待できます。副業の代わりに少し自己投資をして出世を目指すことがトレンドとなりつつあるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です